旅行が楽しめるふるさと納税返礼品には何がある?おすすめを紹介!

旅行系返礼品のふるさと納税

ふるさと納税の魅力といえば、寄附のお礼として貰える返礼品ですが、その種類は豊富で選べる楽しみがあります。

グルメや実用品を選ぶのもいいですが、中でもオススメなのは旅行に使える旅行券です。

旅行券の提供は観光を目的としているので、地域ごとに魅力的な返礼品が用意されています。

また一般的な旅行のチケットよりも、おもてなしを重視して内容が充実している場合が少なくないです。

提供される内容は地域毎に違いますが、種類は豊富なので比べながら自由に選べます。

旅行が楽しめる返礼品にはどんなものがある?

旅行そのものが返礼品の場合

旅行系返礼品

カテゴリ別には温泉を始めとして、イベントの参加を目的としたものや、絶景を楽しむツアー的なタイプもあります。

他にも、季節ごとの味覚狩りにアウトドア体験や高級宿など、旅行好きにとって魅力溢れる旅行券が満載です。

温泉は比較的手頃に選べる返礼品で、少ない寄附でも貰えることからオススメ度は高めですね。複数回の入浴が楽しめる回数券や、利用の際に使える補助券も提供されているので、選択の自由度が高く魅力的です。

最低でも1万円程度の寄附くらいから貰えますから、温泉の利用券はふるさと納税の初心者に留まらず、上級者にも幅広くオススメです。

イベント旅行券が返礼品の場合

イベント旅行券の返礼品

一方のイベント旅行券は、その土地ならではのお祭りや催し物が体験できる貴重なチャンスを楽しめるもの。

地域によっては単なる旅行だけでなく、思い出が残せる付加価値を付けている場合もあります。

特別席で観覧できる返礼品などはふるさと納税らしい付加価値の一つで、地域に貢献できる上に実感まで得られる魅力を感じさせてくれるもの。

普段は体験できないヘリコプターの遊覧や、場所を気にせず楽しめるサバイバルゲーム体験の提供といった、家族や仲間と味わえる返礼品がラインナップされています。

自然の中で景色や季節が楽しめる旅行のチャンスも、ふるさと納税でしか提供されていないものもあるんです。

お得なだけなら他にも選択肢はありますが、おもてなしの気持ちが込められているお礼は、ふるさと納税でしか手に入らない可能性も存在します。

オススメ返礼品

花火大会で思い出づくり

花火大会の返礼品

花火大会はとくにオススメの最有力候補で、大玉の花火の購入費が支援できたり、専用席が確保されるタイプが狙い目です。

前者は思い出に残る大きな一発を間近で体感できますし、後者は時間を忘れて参加できるその地域らしい花火大会が味わえます。

寄附のお礼というのが魅力で、感謝の気持ちを直接的に受け取れるのがポイントです。

アウトドア旅行券で体験ツアー

アウトドア体験系の返礼品

逆に能動的に地域を体験してみたい場合は、参加型のアウトドア旅行券が期待に応えてくれます。

絶景を楽しむタイプと似通っていますが、カヌーに乗って川を下れたり、気球やパラグライダーなどの体験を行える点が違います。

もう少し細かく比較すると、足を使って視覚的に楽しむか、全身で何かを体験するかの差だといえますね。

どちらにも優劣はありませんが、絶景とされる景色を楽しむなら前者、移り変わる状況に身を置いて体験するなら後者を選ぶのがいいでしょう。

絶景の中でのゴルフなども、絶景寄りの体験型に分類される魅力的な選択肢です。

高級宿で非日常を楽しむ

高級宿の返礼品

高級宿のチケットは、日頃気軽に泊まることが難しい、贅沢な旅を実現したり助けるのに役立ちます。

こちらも全額が補助券のいずれかが選べるので、寄附額と相談しながら検討することになります。通常の金額が半額になるだけでも、宿の宿泊料金を考えると魅力的で馬鹿にできないものです。

宿なら温泉や味覚も味わえますし、外に出向いて景色や体験のイベントなどにも参加できます。

その他

更に船上でのディナースポーツ観戦など、人の好みに合わせて選べるお礼が沢山あります。

味覚狩りは季節の味が楽しめる機会で、それに招待してくれるふるさと納税の返礼品は見逃せないです。

地域の味が手元に届くグルメとは異なりますし、足を運び食べに行けることが付加価値となるでしょう。

この返礼品を選ぶと必然的に宿泊することになるので、景色や温泉などの施設も味わえることになります。

一つの自治体でいくつかのチケットが提供されているなら、宿と味覚狩りやアウトドア体験に名所巡りといった、組み合わせて使うのがオススメ。

お礼を一点に集中して受け取るのもありですが、分散することで組み合わせの自由度が広がり、選ぶ楽しみが高まるでしょう。

歴史的な建造物と伝統文化に触れる機会や、伝統工芸品が作れる体験のチャンスも提供されていますし、マッサージやスパなどリラクゼーションも提供対象に加わっているので、上手に組み合わせて疲れもとりつつ旅行も楽しめれば最高ですね。

大切なのは選べる選択肢をリストアップして、その中から比較検討を行うこと。

そうするとお得な嬉しい商品が手に入る結果に加えて、自ら自治体を選びお礼まで受け取れる満足感にも繋がります。

まとめ

ふるさと納税の旅行券ですべてが揃うとは限りませんが、補助券なども受け取って駆使すれば、大部分を節約しながら旅行を楽しむことができます。

各地からお礼を複数選ぶことで、都道府県をまたがって巡る旅を楽しむことも可能。

工夫次第で夢が広がりますから、寄附金に余裕があって複数のお礼が選べる時は、組み合わせを検討して楽しむのもオススメのふるさと納税活用法です。


返礼品は何がいい?人気商品はこれ!
ふるさと納税サイト別人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする